頬骨を削る美容整形のメリットとデメリット

頬骨削りの整形はプチではなく、ガチ

テレビで美容整形の手術を受ける芸能人に影響されて頬骨削りが成功する確率は100%ではない頬骨削りの整形はプチではなく、ガチ

二重整形や隆美術に比べると、骨を削る手術は、ハイリスク&ハイリターンです。
失敗すると後遺症が重篤ですから、まずは、ヒアルロン酸やボツリヌス菌を使った施術を受け、その上で、どうしても手術を希望する人には、リスクを覚悟の上で手術を受けるといいのではないでしょうか。
私のように頬骨が突出した顔の人は、顔全体に角張った印象を与えてしまいます。
また、暗い印象を周囲に与えてしまいますから、手術によって骨を削る方法は、根本的に小顔になれる方法といえます。
ただ、医師の技術力が必要な手術ですから、事前にしっかりと信頼できる医師やクリニックを選ぶことが大切です。
術後には、圧迫固定をして過ごしたので、硬いものはもちろん食べられず、最初は流動食だけだったので、少しつらいと思いましたが、思っていたほどの痛みもなく、鎮痛剤を飲めば全く痛みは感じませんでした。
内出血は3日程度あり、目立つような腫れは2週間ほど続き、完全に腫れが引くまでには、1ヶ月ほどはかかってしまうので、周囲にばれずに手術を受けようと考えている人は、ダウンタイムのことを考え、長期間休暇を取れるかどうかも重要なポイントとなります。

頬骨 整形 美容 | 頬骨の整形総合案内